修学旅行めあてと行程


目的地:長崎方面
期間:平成25年11月14日(木)〜15日(金)
参加人数:3クラス106名
おこづかい:4060円(60円はフィールドワークで乗る路面電車代)

修学旅行トップページへ戻る
【日程】
第一日目 11月14日

学校出発8:00→太宰府IC→長崎道・長崎バイパスを通り
原爆資料館(見学)
原爆落下中心地(平和集会)
平和公園(写真・見学)
新地中華街(昼食840円)
出島資料館

昼食後
【フィールドワーク出発】

出島駅→(路面電車)→大学病院前→一本柱の鳥居山王公園・生き返った大楠
長崎大学門柱浦上天主堂如己堂山里小学校→和泉屋


→宿泊ホテルへ到着17:50
 
 
 
第二日目 11月15日

ホテル出発8:20→西海橋を通り→ハウステンボス到着
ハウステンボス内は班行動
ハウステンボス出発14:00→太宰府小学校到着15:40
 
【修学旅行の目的】

・被災地長崎について、自分たちが事前に学習した内容をもとに、
 資料館やフィールドワークで実際に見学することを通して、
 原爆の恐ろしさ、戦争の悲惨さ、平和の大切さについて考えよう。
・長崎の歴史を伝える史跡を見学したり、
 ハウステンボスで異文化体験をしたりすることを通して、さまざまな文化を学ぼう。
・集団行動する中で、規則を守ったり友達どうしで支え合ったりすることの大切さを学び
 友達とのつながりを深めよう。
 
 
 
 【グループ行動を通し学んでほしいこと】
 同じ班のメンバーと協力して見学地を回り、目と耳と心を使って
 原爆による被害のようすや今も残る被爆遺構などを見学して
 原爆のおそろしさ平和の大切さを学んでほしい
 さらに、中華街や出島を見学することで長崎の文化についても学んでほしい
 
 
 
 
【グループ行動の約束】
・必ず、班の全員がそろって行動しましょう。勝手なことはしません。
・競争ではないので、じっくりと見学し、時間を有効に使いましょう。
・ほとんどの見学地には説明板があるので、班全員で協力して読みましょう。
・大切なことや気づいたこと、感じたことはしっかりメモをとります。
・建物の中では走らず、静かに見学します。
・他の団体や近所の方のことを考えた態度や言葉づかいをしましょう。
・道路の横断や歩行、路面電車の乗り降りの際は、左右をよく確認し安全に行動します。
・各ポイントでは全員がそろって報告します。(○組○班、○人全員います。)